セミナー開催のご案内

社内WEBセミナー開催のオススメ

御社単独のオンラインセミナーを開催させていただきます。

事前に御社のご事情をヒアリングして、御社向けのセミナーを開催させていただきます。この機会にぜひご検討ください。

セミナー開催概要

  1. 開催時期:セミナー内容と合わせて開催日程を、事前にご相談させて頂きます。
  2. 講師  :アイ・ティー西宮株式会社   代表取締役 山田 洋一
  3. 参加費用:お一人目様   :18000円/人(別)、お二人目様以降 : 2000円/人(別)

※詳細は、ページ末尾の「セミナーのお申し込み」を参照ください

第2のネットスーパー事業のお勧め

一般的なネットスーパーとしては、イトーヨーカドーや西友などが都市部中心に展開しているネットスーパーが代表的標準として認識されているようですが、これらのタイプのネットスーパーで、地方都市で成功している事例は皆無です。すなわち、首都圏中心の人口密集地域でのみ成立する事業なのです。これがいわゆる第1のネットスーパーです。

これに対し第2のネットスーパーは、地方都市で立て続けに黒字化に成功しています。この黒字化のポイントは、月間会費制と高密度顧客網の構築にあります。主要店舗の店周限定商圏内で月会費を頂きながらも高密度に会員様を開発できるノウハウに特徴があります。このために人口密度が高くない地方都市でも黒字化ネットスーパーが実現できるのです。そのノウハウの一例として高齢者にも使いやすいのが特徴です。

一方、第1のネットスーパーの顧客の大半が30才~40才代で、リアル店舗の来店客の年齢構成比とかけ離れています。それでも経営が成り立つのは人口密度が高くお客様が限りなくいらっしゃるからです。配達便ごとに上限件数(キャップ)を設けてそれ以上のお客様のご利用をお断りしていて、この結果配送車は毎回満便配達が可能になり収支が成り立つのです。これに対し第2のネットスーパーは、原則キャップを設けていません。人口密度の低い地方都市でお客様のご利用をお断りしていては、お客様に支持されないし、経営がなりたちません。毎回受注件数が変動してもそれに耐えうる顧客網と収支構造の強化が最大のノウハウです。1件当たりの物流コストを極少にするのも重要なノウハウの一つです。

第2のネットスーパーとして成功している代表的事例としては次のような企業様があります。南から列挙しますと、沖縄のサンエー様、愛知県の義津屋様と不二屋様、山形県のト一屋様、秋田県のナイス様等があります。これらの企業様は三重県北部中心の北勢地区でネットスーパーを展開しているスーパーサンシをモデルとしています。これらの企業様以外でも各地でこの第2の型に挑戦している企業様が増えてきています。

第2のネットスーパーのそれぞれの特長としては生鮮構成比が高くお客様全体の平均月間購入頻度が高いことがあります。第1のネットスーパーの生鮮3部門の売上構成比は20~30%なのに対し、第2のネットスーパーのそれは40%以上です。月間購入頻度は、第1のそれが2回前後なのに対し第2のそれは、6~7回/月となります。これからも競合に対する強いネットスーパーとなり、足場商圏の囲い込みに最適な事業となります。

ご高齢者も含めた地元商圏のお客様との親密な配送網が完備してくると、新規事業の芽がでてきます。週に2~3回以上の配達でお客様とお会いできる頻度が高く、ドライバーとお客様の親密度が絶大なものになります。すると種々の相談がお客様から寄せられてきてそれを解決するための新サービスの芽が出てくるのです。

下記にスーパーサンシが実施しているサービス事業の事例を示します。これらはお客様からのご相談が先行して事業化された事例です。貴社の商圏でも競合耐性に強い配送網を完備させ、その次のステップとして、地元のお客様に歓迎される新規サービス事業を構築できます。

この機会に是非この第2のネットスーパー事業をご検討ください。

セミナーのお申し込み

このページの先頭へ