ネットスーパーレポート

2018年、私の現場感覚(=皮膚感覚)からすると、ネットスーパー業界大きく動く年になります。アマゾンフレッシュの参入によって、大手流通業が過剰反応し、その影響が、業界全体に波及するからです。

既に、首都圏では<大商圏モデルvs大商圏モデル>、地方では<大商圏モデルvs小商圏モデル>の競合が発生していて、生協宅配に挑戦すると同時に、ネットスーパー同士の競合にも勝たねばという時代になりました。

これに、黒字化対策・高齢化対策・物流コスト高騰化対策などの、大きな課題も、同時並行的に対応して行く事が必要になっています。

「ネットスーパー研究会」主宰者として、セミナーや研究会による情報発信だけでなく、もっとスピーディーに、もっとタイムリーに、もっと大胆に、私の考えを発信させて頂こうと考えました。

<中東・ネットスーパーレポート>として、随時、掲載して行きます。

「ネットスーパー研究会」主宰  中東遒

このページの先頭へ